「ペットシッター士」資格は、環境省の定める動物取扱業「保管」「訓練」の登録申請要件を満たしております。

日本ペットシッター協会

トップページ>通信講座について

ペットシッター士資格取得講座の通信講座について

犬や猫との接し方、病気、健康管理、小動物の知識、人畜共通感染症、 ペットの法律、飼育管理、愛犬のしつけなど、分かりやすいテキストを自宅にて学習し、 6ヶ月以内に資格取得できるコースです。無理なく、空いた時間を使って、 ご自身のペースで進めてください。もちろん、学習内容で分からないところは、 専任講師が電話、FAX、メールにて丁寧に指導しますので初心者でも安心して学習に 取り組めます。また、資格取得後、実務について不安のある方は、実務研修 (1回/2,000円)を受けることも可能です。 「東京までは通うことができない」 「仕事をしているので時間がない」「それほど急いで取得を考えていない」 「受講料金をできるだけ抑えたい」「自宅で自分のペースで学習したい」 そんな方々のための通信講座です。日本ペットシッター協会の通信講座は、 「通信だと不安」という方でも、プロのペットシッターとして養成していきます。 現在、活躍しているペットシッターの方達も半分は通信講座で取得しています。 通信講座で資格取得し、自信をもって全国どこでも副業・本業として開業してください。

詳しくは募集要項をご覧下さい。
通信講座コースの資格認定試験会場一覧はこちら

講座料金 50,400円(税込)


◆通信講座終了者の感想文「ペットシッターになりたい訳(こんなペットシッターになりたい)」よりご紹介致します。
高知県Y.Sさん
マイペースで6ヶ月以内の卒業を目指してじっくり取り組むことができました。受講中は添削問題を提出したり、わからないところは具体的に質問にも答えて頂いたので、不安を解消することが出来ました。
開業に際しての費用もわずかなのが助かりましたし、そしてある意味ペットの 命を預かる重要な仕事ですからペットシッター総合補償制度が充実している所が安心して開業できる魅力と感じました。
東京都Y.Yさん
私がペットシッターになりたいと思ったきっかけは、自分が利用者という立場で、ペットの猫のお世話を依頼することが 時々あったことからです。
以前アメリカに住んでいた時も利用していましたが、アメリカではペットホテルに預けるよりも、 ペットシッターに家までお世話に来てもらう方が一般的で日本よりもずっと生活に浸透しているように感じました。
自分が利用者としてペットシッターにはこうであって欲しいと思う視点を大切にして、それはそのまま自分が ペットシッターとして活動するときにお客様が求めていることであると忘れないようにしたいと思います。
何よりも信頼関係が大切だと考えています。経験や知識も必要だとは思いますが、自宅のカギを預けて下さったという信頼を 絶対に裏切ることがないように努めたいと思っています。その上で、してもらったらうれしいなというプラスアルファの心配りができるようなペットシッターになることが目標です。
通信講座

| TOP PAGE | 通信講座について | 通学コースについて | カルチャースクール講習について | お問い合わせフォーム |


特定非営利活動法人 日本ペットシッター協会
東京都練馬区中村北4-8-28
電話番号03-5971-2211
ファックス番号03-5971-2122
e-mail:info@pet2211.com
c2011 日本ペットシッター協会 All Right Reserved.